株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

ブログ

2014年11月16日

妖怪

みなさまこんにちは。松本です。

今日は、怪談を一つ・・・。
なんてことは思っておりません。
最近、ご存じ「妖怪ウォッチ」の影響で、妖怪がはやっているんですね。
松本家にも妖怪好きが2匹ぐらいいます。
うちにはDSがないので妖怪ウォッチのゲームもないのですが、
なぜかエージは、3センチぐらいある分厚い攻略本を持っていて、
毎日研究(?)しておられます。
チヒロさんはよく、
「ごめーんごめーん、一旦ごめーんキャハハハ」
とおっしゃいます。ちっ

妖怪ウォッチの基本戦略は、ポケモンと同じですね。
メディアミックスです。
主力のゲームに加え、アニメ、マンガ、攻略本、そして実物の妖怪ウォッチ。
こないだはスーパーで「妖怪ウォッチキムチ」を見つけました。
中身はふつーの「ごはんがススムキムチ」ですが。

松本は、妖怪ウォッチのインパクトはポケモンを上回っていると考えています。
なぜか。
それは、ポケモンが基本まじめなのに対し、小学生男子の好きそうな「アホさ加減」が満載なのです。
そもそもウィスパーがアホだし。じばにゃんはてきとーだし。
そして「ごめーんごめーん、一旦ごめーん」。

最近流行りのライトノベルもそうなのですが、やはりメディアミックスというのは強いですね。
入り口を多く設けるというのと、連鎖的な購買。

当社としても、主力の家に加え、何らかの形でメディアミックスっぽいのをできないものかしら。
どんなのが楽しいでしょうね?
実際に実現できそうなものがあれば、打ち出していきたいと思います。

2014年11月03日

日銀追加緩和

こんにちは、松本です。

日銀が追加緩和に踏み切りました。
具体的には、「長期国債の購入を約80兆円に増やす」という内容だそうです。
・・・。
あんまり僕もわかっていませんが、要するに数十兆円のマネーを市場に放流する、ということのようです。
わかりやすく例えるなら、今時そうではないのですが、
「紙幣をじゃんじゃん印刷する」
ということです。
紙は1枚10円程度ですが、そこに一万円を10枚印刷すれば、いきなり10万円のマネーがブリッと生み出される。
なんの生産もしなかったのに、突然10万円がブリッと。
そうすると、日本銀行が保証する「円」の価値が、総合計は変わらないけれど、一円ごとに分割すると薄められている。
これを20兆円とか行うわけです。
そうすると、「円安」が起こります。
また、例えばパンを買うとき、今までは100円で買えていたのが、1円の価値が下がることで、102円必要になる。
これが「インフレ2%」です。

最近ちょっと、経済対策に弱さが見えてきた感じだったのですが、この緩和により株価がどーんと上がったようです。
世界同時株高というのもあるようですが、日経平均は週明け17000円の予想です。
円安もしっかり進みました。
日本には輸出企業が多いので、輸出企業にとっては円安はありがたいです。
逆に輸入業者、典型的な例は石油関連企業ですが、なかなか辛いんじゃないかと想像されます。

どちらにしても、インフレ目標2%に向けて、思い切った追加緩和をしたようです。

「なんや、2円ぐらい、しょぼ!」
と思ったそこのあなた!!
ちがうのです。家では。
土地建物セット価格は、3000万とかするのです。
これがインフレ2%になると!
今まで3000万円で買えていたのが、3060万円必要になるっちゅう寸法です!!
日銀がお金をじゃぶじゃぶ出せば、年2%なら、再来年には3120万です!!!
ぎゃぁあぁあぁぁ・・・。

したがって、インフレ開始局面で家を買うのは、とってもおいしいわけですね♪
というわけで、是非当社へ足を、あの、お運びいただければ、うれしいかな~なんて、思ってるわけでして・・・。
あの・・・。

・・・えへっ。

このページの上へ