株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

ブログ

2017年12月25日

メリークリスマス!

おはようございます。スポーツ担当ざわです。
本日はクリスマスですね。
昨日は百貨店にもたくさんの人で溢れており、ケーキを買うのも一苦労でした。

さて、クリスマスイブの昨夜に、全日本フィギュアの男子フリーが行われ、平昌オリンピックの出場選手が決定!
個人戦では男子が、羽生選手・宇野選手・田中選手、女子は、宮原選手・坂本選手が出場となりました。

まずは男子。
昨日のフリーでは、宇野選手が優勝し当然のオリンピック確定でしたが、田中選手と無良選手と2位争いが見応えがありましたね。
オリンピック3枠目の争いの中、田中選手の方がアドバンテージはあったので、無良選手は2位に入るのが必須条件。
年齢的にも最後のオリンピックになりうる中で、フリーの演技には「転倒するものか!」の気迫を感じました。
冒頭の4回転では手をつきそうになるのをこらえ、最後のジャンプはちょっとバテていましたがなんとか滑りきり、シーズンベストを更新!次の田中選手にプレッシャーを与えたと思います。

そのあとの田中選手は、最初の4回転サルコウやトリプルアクセルなど綺麗なジャンプもありましたが、連続ジャンプができずリピートが2つ、連続ジャンプの回数も減り、どうかなぁと思いました。
が、やはり元々の基礎点が高いジャンプだったのか、技術点は無良選手と互角、演技・構成点で田中選手が上回り、見事2位を勝ち取りました!

宇野選手は所々でジャンプの失敗がありましたが、トリプルアクセルでは加点が最高の3点が付くなど、綺麗にとべた時の完成度は抜群ですね!インタビューでは反省しきりでしたが、今回できなかったことをオリンピックにぶつけて欲しいですね。
そして、昨年・本年と羽生選手が不在の中での全日本でしたが、オリンピックではガチンコ対決!
ワンツーフィニッシュも夢じゃない!と今から期待が高まります。

そして女子は内定の宮原選手に続き、フレッシュな坂本選手が選ばれました!
グランプリシリーズ前までは全然気に止めていなかった選手なんですが、全日本では本当に躍進!ロシア勢が強いですが、その中で揉まれ、今回の平昌、そして次の北京につながる演技をしてほしいなと思います。

出場される皆さん、おめでとうございます。

さて、クリスマスイブには他にも有馬記念がありました!
北島三郎オーナー率いる「キタサンブラック」がG1最多タイの7勝で有終の美を飾りましたね。
昔は少し嗜んでおりましたが、最近は見る機会がなく、今回初めて映像で走りをみましたが、キタサンブラックは逃げ切り馬なんですね。危なげない圧勝でした。
そしてキタサンブラックの優勝よりびっくりしたのが、武豊騎手が有馬記念3勝目だったこと。
もちろん、3勝でもすごいと思うのですが、天才ジョッキーで、JRA歴代最多勝利で、G1も断トツの勝利数だったはずなので、有馬記念でももっと勝っているもんだと勝手に思ってました。

オグリキャップ、ディープインパクト、そして今回のキタサンブラックでの有馬記念優勝とのこと。
オグリキャップといえば、私がまだ地元にいる頃、たまたま父親と一緒にテレビで最後のレースを見ていて感動したのを覚えています。そのあとも何度も映像で見ましたが、最後の「オグリ」コールは鳥肌モノですね。
そして、ディープインパクトとといえば、私が競馬を嗜んでいた頃の最強馬でした。本当に強かった。
と、ちょっと感慨深い昨日の有馬記念でした。

<< NEXT 一覧へ戻る BACK >>

このページの上へ