株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

ブログ

2018年02月13日

メダルラッシュ!

おはようございます。
スポーツ担当ざわです。

昨夜のオリンピックは日本のメダルラッシュでしたね!
しかも、3種目とも時間帯が被っていたため、テレビを切り替えながらの観戦のため見る方も忙しかった!

まずは、日本メダル第一号になった、男子モーグルの原選手!
1回目の決勝で20名の中で上位12名が2回目の決勝に勝ちあがれる中で、日本人選手が3名勝ち残り(しかも遠藤選手が1位通過!)、上位6名が勝ちの残る2回目の決勝!
3人の滑りを固唾を飲んで見守っていましたが、金メダルも期待されていた堀島選手がバランスを崩し途中棄権、遠藤選手も第2エア後の着地のターンでバランスを崩して途中棄権...。
結果、原選手だけが最終決勝の6人に進出することができました。
改めて今回のモーグルを見ていて、2つの予選、3つの決勝を進むには本当にタフな勝負だなと。
ひとつの失敗で終わり、でも上位に食い込むためにはターンもジャンプもスピードも攻めなければならない。
結果、全てをバランスよく進め、最後の決勝で力を出し切った人がメダルを獲得するんだなと。

そんな中、原選手が見事銅メダルを獲得!1位は絶対王者、2位もランキング上位の選手に食い込む、見事な銅メダルでした!
インタビューで答えてましたが、初めての表彰台だと!
滑り終えたあと(最終滑走)、「頼むー」と祈りながら結果を待ち、銅メダル決定の時の歓喜の様子に、本当に「おめでとう!!」と心からの拍手を送りました!

その余韻も冷めやらぬ中、女子スピードスケート1500mに移動。
直前のW杯で、4戦中4勝の髙木選手に注目が集まりましたが、強敵はオランダ勢。
最終組の髙木選手が滑る前、1位〜3位はオランダ勢が独占していました。
そして、髙木選手のスタート。フライングがあり、ちょっとスタートの瞬間が怖くてチャンネルを変えてしまいましたが、無事スタートできて、1位の選手とほぼ同じタイムで滑走。
本当に最後の最終コーナーまで差はなかった...。最後の最後の直線、結果0.20秒の差で銀メダルを獲得!
正直、髙木選手自身も金メダルが目標だったの、悔しさの残る銀だったことは容易に予想できます。
しかし、前回のソチでは代表になることができず、その悔しさをバネに今回、トップ選手となりオリンピックに戻ってきて、この活躍です!
今回の銀メダルは、次の北京への糧になるはず!銀メダルおめでとうございます。

そして最後は女子ジャンプの高梨選手。
結果はご存知の通り、銅メダルを獲得!おめでとうございます。
高梨選手も金メダルを目指していただけに、悔しさも残っていると思います。
ただ、ここ最近調子を落としていた中で、本番では素晴らしいジャンプだったのではないかと。
高梨選手が「まだ金メダルの器ではないのかと」と話していましたが、いやいやまだまだこれから!
次の北京ではさらにステップアップして、次こそは金メダルを!

今回は強風がすごいらしく、女子のスロープスタイルでは予選もできず、決勝でも金メダルの選手を含む、ほぼ全ての選手が転倒する危険なコンディションだったとのこと。
自然の中なので仕方がないこととはいえ、オリンピックに向けて努力した皆さんが怪我で終わらないことだけを願います。

メダルを獲得した原選手・髙木選手・高梨選手、おめでとうございます。
惜しくもメダルには届かなかった選手も、本当にお疲れさまでした。

<< NEXT 一覧へ戻る BACK >>

このページの上へ