株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

  •  LINE@
  • instagram
  • Facebook

お問い合わせ・資料請求

ブログ

2018年03月25日

男女ともに3枠!

こんにちは。スポーツ担当ざわです。

昨日までフィギュア世界選手権が行われておりました。
オリンピックからまだ1ヶ月後と言うハードなスケジュールですが、今回の世界選手権で来季の世界選手権の出場枠数が決まる大事な試合となり、個人のためだけではなくチームのために挑む選手たちの戦いが繰り広げられていました。

先に行われた女子では、樋口選手が銀メダル、宮原選手が銅メダル獲得なり、見事3枠確保!
おめでとうございます。
出場2選手の合計が13位以内で3枠確定、14位以降であれば2枠となりますが、ショートの段階で宮原選手が3位、樋口選手が8位の合計11位。
どちらかが大きく崩れてしまうと分からなくなるギリギリのところでしたが、樋口選手がフリーでは完璧な演技で2位にジャンプアップ!宮原選手も3位をキープの演技を見せ、無事3枠確保することができました。
樋口選手はオリンピック代表選考を兼ねた日本選手権の悔しさをぶつけた素晴らしい演技でしたね!
女子は日本国内でもかなり混戦模様ですが、世界のTOP選手とのベストな演技ではまだまだ差もあると感じていますので、ここで3枠確保できたことが、今後世界との力の差を縮めることにつながればと思っています。
 ※ザギトワ選手がフリーで3度も転倒し大崩れだったとのこと。オリンピックでも完璧な演技だったため意外でしたが、後半にジャンプを集中するのも諸刃の剣なんですね。

そして、昨日は男子のフリーが行われてました。
エースの羽生選手は怪我のため欠場、宇野選手と田中選手、そして羽生選手の代わりとして友野選手が出場となっていましたが、宇野選手も足の甲を痛めており万全ではないとのことで心配していました。
案の定と言うのか、ショートでは、4回転トゥループでは素晴らしいジャンプでしたが、連続ジャンプでミスするなど精彩を欠く演技に。甲に負担のかかる4回転フリップやループは回避していたとの情報もありました。
正直、羽生選手が欠場の今大会、田中選手や友野選手の現在の実力からすると、3枠確保するには宇野選手が上位に入ることが必条件でした。
宇野選手自体も欠場も考えたようですが、枠を確保するために強行出場、フリーではオリンピックと同じ演技構成で臨むとのことでした。
フリーの演技は、冒頭の2つの4回転で転んでしまい、本当に見ているもも辛かった...。後半もトリプルアクセスで着地が乱れ、4回転トゥループで3度目の転倒...。
それでも、4回転のコンビネーションでリカバーし、その後もコンビネーションジャンプを立て続けに決めて、納得演技ではなかったと思いますが、今できる最高の演技をしてくれました。フィニッシュが本当に疲れが顔にでていて、本当に満身創痍だったんだなと。
それまでに演技を終えていた友野選手が自己ベストを大幅に更新する演技で暫定2位だったため、残りの選手の演技を待たずして3枠確保が決定。
宇野選手はもちろん、この大舞台で自己ベストを更新し、最終的には5位となった友野選手も本当に素晴らしかったと思います。
本当におめでとうございます!

これで男女ともに来季は3枠を確保!来季もまた美しも熾烈な戦いを見せてくれることでしょう!
兎にも角にも、オリンピックの疲れも残る中、本当にお疲れさまでした!

<< NEXT 一覧へ戻る BACK >>

このページの上へ