株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

忙しい人に住んで欲しい家

2015年04月01日

プロが撮影すると

今までブログで紹介させていただいた写真は、自分でデジカメで撮ったものなので光が足りていなかったりレンズの歪みがあったりで、なかなかお見苦しいものでした(笑)
完成後、プロのカメラマンに現地を撮影してもらいました。
まずは一番の特徴であるインナーコートと離れの和室。今まで数々の旗竿地や変形地に家を建ててきたアーバンプランニングでも、こんな間取りは初めてじゃないでしょうか。
_MG_3345_sc.jpg
_MG_3351_sc.jpg
軒天部分も美しい!現場監督、大工さん、こんなにきれいにしていただいてありがとうございます!和室の天井の木目調クロスとシンクロしてていい感じです♪インナーコート部分のタイルも3種類の大きさをパズルのように組み合わせることで、空間にアクセントがついています。このタイルはどうしてもこの模様に貼りたかったところです。

_MG_3370_sc.jpg
玄関ホールからインナーコートをかすめて、離れの和室まで視界が続きます。まるで"お隣さん"が建っているような感じですね。シューズクローゼット上部の間接照明も、私が撮ったデジカメでは全く見えていなかった光がちゃんと写っています。
_MG_3374_sc.jpg
今度は逆に離れの和室からインナーコートをかすめて、玄関ホールを見た図。勝手口の先まで視線が抜けていきます。十数メートルも先です。確か隣地に生えている黄色い果実のつく木が勝手口から借景で見えるんです。和室の中からは無理か・・・和室の壁面クロス、ちゃんと写真でも質感が拾えていますね!?ちょっとザラッとした凹凸と渋く黄金に輝く感じ。
_MG_3380_sc.jpg
LDK入って、これまた視界がFIX窓から先に抜けていきます。前回の現地訪問ではキッチンに保護材が被っていたので、現物を見るのは初めてです。ボルドーのキッチンは玄関扉に合わせました。外壁を石垣の色に設定しているので(めっちゃホワイトに見えますが・・・)それにコーディネートした和っぽい色。よく施工例で見るのはホワイト系や木目調のキッチンだったので、全く違うものにしたかったんです。
_MG_3392_sc.jpg
3階のロフトから子ども部屋を眺めた景色。梁がキャットウォークみたいです。猫ちゃんのいるご家族ならそんな使い方もしていただけそうですね!

このモデルハウスは家具が入っていないので、いくらプロのカメラマンさんが撮影してもガランとした空間が撮れるだけということで、これにておしまいです。
でも、さすがプロですね♪こんなに細部を伝えられる写真を撮っていただけました!

当初の予定から、紆余曲折しながら妥協もあり妥協もあり(笑)、その都度担当の設計さんが色々と協力してくれて、やっと完成しました。大変でしたが、こんな大きなものが実際に出来上がっていくんだという貴重な体験でした。これからお家づくりをされる皆様の参考に少しでもなれば幸いです。ありがとうございました!!

<< BACK 一覧へ戻る NEXT >>

このページの上へ