株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

Architect-建築士の想い

建築士がそれぞれの想いを込めた、多彩なプランをご紹介

リラックスナチュラルな家

  • 家族がどこにいても気配を感じれるよう、各部屋の繋がりをつくりました。ほどよい距離感を大切に。また、ダイニングの手前にあるキッチンスペースにはパントリーや小さな洗面コーナーもあり、機能性も意識しています。

    家族がどこにいても気配を感じれるよう、各部屋の繋がりをつくりました。ほどよい距離感を大切に。また、ダイニングの手前にあるキッチンスペースにはパントリーや小さな洗面コーナーもあり、機能性も意識しています。

  • 北東向きの敷地は暗くならないよう、明るさと開放感を重視し計画。吹き抜けがリビングとダイニングを緩やかに繋いでいます。

    北東向きの敷地は暗くならないよう、明るさと開放感を重視し計画。吹き抜けがリビングとダイニングを緩やかに繋いでいます。

  • 印象的な玄関はお客様を迎え入れるため、そして住む人が趣味のスペースに活用するなど、みんなが楽しめるよう広い空間をとりました。シューズクロークやかぎ置きの棚、コートかけなど機能性も兼ね備えています。

    印象的な玄関はお客様を迎え入れるため、そして住む人が趣味のスペースに活用するなど、みんなが楽しめるよう広い空間をとりました。シューズクロークやかぎ置きの棚、コートかけなど機能性も兼ね備えています。

  • 今は1つの部屋で将来的には仕切れるように計画したキッズルーム。吹抜ごし階段ごしに、ほどよい家族との距離感をつくっています。茶色のチェック柄のクロスもポイント。

    今は1つの部屋で将来的には仕切れるように計画したキッズルーム。吹抜ごし階段ごしに、ほどよい家族との距離感をつくっています。茶色のチェック柄のクロスもポイント。

  • スタディースペースになるカウンター、読書コーナーになる階段等、色々なところに「場」をつくる工夫を。

    スタディースペースになるカウンター、読書コーナーになる階段等、色々なところに「場」をつくる工夫を。

  • シンプルな外観にすることで街にとけこむように。実は、正面の左側にも同じ形の建物が対であり、専用通路のゲートのような特別感も出しています。

    シンプルな外観にすることで街にとけこむように。実は、正面の左側にも同じ形の建物が対であり、専用通路のゲートのような特別感も出しています。

  • リラックスナチュラルな家

  • リラックスナチュラルな家

  • リラックスナチュラルな家

  • リラックスナチュラルな家

  • リラックスナチュラルな家

  • リラックスナチュラルな家

街に調和するシンプルな外観、室内は皆がくつろげる憩いの場に。

人が集う憩いの場、ナチュラルテイストの家。
狭小住宅でありながら開放感と明るさをだし、面積以上の広がりを感じてもらえるよう計画しました。家族がいつまでも仲良く、明るく、楽しく過ごせる家づくりを目指しており、この家も友達等に自慢できる家として「見てもらいたい」と思う事で、いつでも人と人との繋がりが出来る家になってほしいと思います。

一覧へ戻る NEXT >>

このページの上へ