株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

ブログ

2015年06月28日

人・モノ・金の終わり?

こんにちは、チヒロさんの髪をポニーテールにして、ヨメに「どーだ!」と言ったら、
「ちがうよ、これは棒結びっていうんだよ」
と鼻で笑われた松本です。

最近読んだ記事で、大前研一さんが、
「20世紀は、事業をする時には、人・モノ・金が大事だった。
ところがこれからは、人・人・人の時代になる」
という事を言っておられました。

以前から大前さんがおっしゃっていたのは、「見えない経済大陸」という、
従来の土地や建物、自動車、家電製品など、「目に見える物」が経済の主役だった時代が終わり、
新たに、
「ボーダーレス」
「マルチプル(倍率)」
「サイバー(IT)」
という経済空間が登場する、というお話でした。
これら新大陸に最初に現れたゴジラ企業の名を「Microsoft」と言い、
AppleやGoogle、Amazon、Facebook、twitter、そしてなんと言っても
テスラモーターズ・スペースX(イーロン・マスク氏が創業)といったゴジラが世界中に乱立しています。
日本では、Softbank、楽天、DeNA、Mixi、サイバーエージェントが該当します。
これは20年近く前の本でして、その結果の一つとして今回、
「3つのクラウド」
が登場した、とおっしゃっています。

1つ目は「クラウド・コンピューティング」。
これは、いわゆる「クラウド」というヤツですね。Google Calendarがその典型です。
Dropboxもそうですね。
で、衝撃だったのが、2つ目と3つ目です。
「クラウド・リソーシング(人材)」
「クラウド・ファンディング(資金)」

これは、それぞれのサイトがあるわけですが、そこに人材登録がしてある。
そこで「こんなアイデアがあるけど、やってくれない?」と人材募集する。
そうすると、世界の有能で安価な人的リソースが、あっという間に調達できる。
で、そのためにお金が必要だとすると、クラウド・ファンディングのサイトにアイデアを登録。
そうすると、アイデア次第ではドバッと資金が集まる。

これが何を意味するかというと、
「お金や人員をいくらそろえていても、飛び抜けて優れたアイデアを持つ人の前では、プチュッと踏みつぶされてしまう」
ということです。

これが何を意味するかというと、
「お金(経済)が絶対の時代の終わり」
ではなかろうか、と思ったりするわけです。

そんなアホな、とお思いの皆様!
「お金が絶対の時代」が始まったのは、いつだと思いますか?
実は、たかだか数百年前だそうです。
それまでの絶対の価値観は?
それは、「神」だったそうです。by ドラッカーだったかな?
でも考えてみて下さい。去年アフリカで猛威をふるったエボラ出血熱。
現地では、「祈祷」で治療しようとした例があったそうです。
神の時代は、未だに地上に残っているのです。
そう考えると、
「え? お金なんて信じてるの?w」
という時代が来ても不思議ではありません。by ドラッカー
今我々は、それほどの変革の時期にいる、という事だそうです。ひぃっ。

とはいえ、まぁそんなことを考えていても仕方ないかも知れませんが、(^_^;)
我々としては、そんな時代が来ても、優れたアイデアを提示できるように、
がんばりたいと思います。
家は当分必要でしょうからねぇ~。

2015年06月21日

価値の創造

こんにちは、最近毎晩エージに布団からけり出されて惨めな思いをしている松本です。
エージは筋肉質で骨張ってて、けられるとすごくイタイのです。
ヤツは夜、暑くて目が覚めると、自分のベッドから出てきて、隣の涼しい部屋で一人で寝ている松本を襲撃。
布団を電撃的に占拠し、僕はじゅうたんの上で寝る羽目になるのです。
ある意味ヤツは進撃の巨人です(?)。

それはさておき、最近は90%以上の会社で「景気がよくなった」と感じておられるようです。
よく物が売れてるんでしょうか?
景気には色んな要因があると思いますし、具体的な事は専門家の皆様にお任せしますが、
我々一人一人が確実に景気に貢献できる手段はあると、実は松本は考えています。

これはドラッカーの言葉ですが、
「事業の目的とは、顧客の創造である」
ということです。
別な表現をするならば、
「事業の目的とは、社会で共有可能な富の創造」
と言えると思います。

たとえばGoogle。
あのシンプルな検索サイトが、どれほどの富を作り出しているでしょうか?
例えば1日に100億回、世界中で検索をするとしましょう。
それにより、一人当たり10円分の問題解決ができたとします。
そうすると、1日当たり世界で1000億円の価値が作られたことになります。
もちろんこの数字は全て仮定ですので、この数字が正しいとは言えませんが、
大体こんな考え方になろうかと思います。
かつてソフトバンクの孫さんがブチ上げた「Yahoo!BB」により、それまでネット環境が
遅れがちだった日本は、あっという間に世界一のブロードバンド大国になりました。
そうすると、HPの表示をじーっと待っていた時間が減り、閲覧者は1つのサイトを見るのに
1分程度の時間を節約できる。
サイトは凝った表現や新しい要素を入れ、より訴求力が高められる。
膨大な富が産まれます。

ふる~い昔、三洋電機の創業者が世界初の家庭用洗濯機を売ったときの営業トークもあります。
「奥さんが洗濯板で選択をすると、1日2時間。これを別な用事に使えると考えたら、
一体1年でどれだけの価値が作れますか?」

我々日本の(本当は世界中の)企業人に求められているのは、そういう思想だと思います。
「モノを売って金がもうかったらええねんギャハハハ」
というのは、そもそもビジネスではありません。
当社であれば、土地を仕入れ、適切に加工し、お客様がより価値を得られる家を作り、お引き渡しする。
その業務によってどれだけ社会に富がもたらされるのか?
例えば年間300万円分ぐらい、色んな意味で幸せになる。その家に50年住んでいただく。
家1軒3000万円で販売すると仮定すると、家1軒で差し引き1億2000万円の富を、社会に作り出すことになる。
そうやって富がもたらされると、誰かが富をガメない限り、景気は絶対に上向く。

そんな活動の一助になればいいなと、考えております。

2015年06月14日

ジャ~パネット

こんにちは、小説家松本です。
今日はヒロシの口調で。
先日小5になったタケルが僕の小説を読んで「ビミョー」と言われてしまいた。ヒロシです。

で、今日は皆様ご存じ、ジャパネットの高田前社長の記事を見つけました。
こちらです。

いやもう、昔から色んなテレショップがありますが、やっぱり高田さんのトークはひと味ちがいますね。
昔、別のインタビュー記事があったのですが、
「これは本当に良いものだから、それを伝えたい。ぜひ使って欲しい。
またそう思える商品しか取り扱わない」
というような事をおっしゃっていました。
もちろんあの甲高い声や語り口調もあるのでしょうが、本質はテクニックではない。
情熱なんでしょうね。だからテレビをとおして、それがビシビシ伝わってくる。

これは松下幸之助さんも同じようなことをおっしゃっています。
「ある時、ある宗教の本山へ見学へ行った帰りに、何でこの不況の中、あの宗教はあんなに栄えてるのか。
それをこう、分析したんですな。そうすると、あの宗教は、人々の心のよりどころになっておる。
我々の商売はどうか。心のよりどころにはなってないが、生活の役に立っておる。
悪いことをして金をもらっとるんやない、良いことをしとるんやから、正々堂々としたらいい。
そうすると、その日から言うことが変わったんですな。
それまでは、どうかこれを買うておくんなはれ、安うしまっせ~てなことを言っておったわけです。
それが、あんたこれを買いなはれ、これはこれこれこういう役に立つ商品です、と言う。
そうすると、物がこうばーっと売れるわけです。カンタンですな世の中というのはww」

記事では、高田さんがテレショップで、使い方などを丁寧に説明している、というようなことが書いてある。
「使って、役に立てて欲しい。そのためには、わかりやすい説明が必要だ」
ということでしょうか。
「売るために」
と考えると、どうしてもペラッペラな感じになりますが、
「使って幸せになって欲しい」
と思うと、深みが出る。
幸之助さんも、
「儲けが先に立つと、仕事が汚くなりますな」
と言っています。

やっぱり我々としても、ただ売れたらいいというものではないと思うのです。
家に住むことで、住む人がパワフルで、もっと仕事や家事がしやすくなって、
子供たちが元気で幸せに大きくなる。
そして社会にもっと冨が産まれる。
これは楽しいことだと思うのです。
みんなハッピー。
そういう家づくりをしていきたいと思います。

2015年06月07日

じぇんしぇん

こんにちは、雨に弱い松本です。

ここで一句。
「ひまわりと 背比べしてる 男の子」

すばらしいっ。
自信作です。・・・ウソです。これは、じぇんしぇんさんの作です。
誰やねんって?
もう10年ほど前にお亡くなりになったのですが、皆様きっとご存じです。
お天気の福井敏雄さんの作品です。
ナイトインナイトという夜中の番組で、おっさんチームとギャルチームに分かれて
なんかする(中身は忘れた)番組があって、笑福亭松之助師匠やざこば師匠などと一緒に出演。
その時の名前が「じぇんしぇん」でした。
ちなみに松之助師匠は「まっぴー」でした。
ギャルチームにはなるみさんがいました。・・・ギャル?

で。

ついに梅雨入りしました。
この季節は、松本はダメです。もーほんとダメ。
頭は痛いし、体はだるいし、むくむし・・・。
もうちょっとからっとしないものかしら。

除湿器なんかもありますが、家の中にいるのであれば、エコカラットとかがいいかもです。
わが家にもあります。元々素材が紙で、見た目はタイル。
色んなパターンがあって、お勧めですよ。

みなさん、梅雨じぇんしぇんに負けずに、がんばりましょうね~!!

このページの上へ