• 0120-1121-59
  • 営業時間:10:00~20:00(水曜定休日)

お問い合わせ アイコンお問い合わせ

  • 電話 アイコン
  • メール アイコン
  • 電話 アイコン
  • メール アイコン

URBAN PLANNING

  • 2019.08.23
  • 栄冠は君に輝く

おはようございます。
スポーツ担当ざわです。

昨日は、甲子園決勝が行われ、大阪の履正社が見事初優勝を飾りました!!!!!
準決勝では地元・明石商業高校との近畿勢対決だったため、常に近畿勢を応援している私としては「なぜ準決勝で!?」と複雑な気持ちでしたが、そんな近畿勢対決を制して決勝の舞台にたった履正社。
相手はセンバツで初戦負けを喫し、完膚なきまで叩きのめされてしまった奥川投手要する石川の星稜高校。

決勝は本当に決勝にふさわしい好ゲームでしたね!
5-3の僅差のスコアとなりましたが、履正社のよかった点はやっぱり、点を取られた直後に得点を奪え返せた点なのかなぁと思います。
1点リードされたあとの3回表の井上くんの3ランホームランは、センターへの完璧なあたりでしたし、同点に追いつかれたあとの8回表のファールで粘ったあとの内倉くんの出塁からの2点追加も見事でした。
センバツで敗れてから、奥川くんを徹底的に攻略してきたとのことで、その努力が本当に実ったカタチでした。
星稜も正々堂々とした素晴らしいチームでした。

個人的には、履正社のキャッチャー野口くんが、本当に捕球がうまいというか、かなり危ない投球もあったんですが、後ろに逸らさない、体の正面で止める姿が印象的でした。
野口くんは主将だったんですね。試合後ほとんどの選手が笑顔だったのにもかかわらず、野口くんが泣いている姿を見て、去年の大阪桐蔭の中川くんもそうでしたが、主将としての並々ならぬ重圧があったんだろうなぁと感じました。
昨年、大阪桐蔭が春夏連覇をしましたが、その大阪桐蔭を一番苦しめたのは大阪府大会の履正社なんじゃないかと言われるぐらい、大阪代表の座を熾烈に争っている両校。
去年の悔しさも、今大会の優勝で晴らせたと思います!本当におめでとうございます。

最後にちょっと言いたい優勝インタビュー。ネットでも色々言われていますが、井上くんに対するインタビューは正直いただけなかったですね。
一生懸命努力してきたのは甲子園を目指す全ての高校がそうであって、奥川くんがどれだけいい投手だったとしても、栄冠を手にしたのは履正社であり、優勝インタビューは勝者を称えるべき。
せめて井上くんのホームランについてインタビュー後、対戦投手・チームについて聞いてあげてほしかったと、ちょっと複雑な気持ちになりました。

なにわともあれ、酷暑の中行われた101回の全国高校野球選手権も無事終了してよかったです。
選手も応援団も観客のみなさんも、本当にお疲れ様でした!