株式会社アーバンプランニング 大阪・豊中・吹田・尼崎の北摂を中心とした注文住宅・分譲住宅

ブログ

2015年08月30日

スポーツを楽しむ

真夏の猛暑が落ち着き、涼しく感じる日々が続く今日この頃・・・
本日は雨模様。最高気温も29°ということでついに30°にいかなくなりました。
異常気象ともいえるあの暑さは本当につらかったですが、夏の終わりは少し淋しい気もしますね。

さて、そんな最中、いつでもどこかでスポーツは熱い戦いが繰り広げられています!

バレーボールは女子チームがオリンピック出場枠2つをかけて現在FIVAワールドカップを開催中。
先日のドミニカ戦でもフルセットの末の勝利!現在3位につけています!
ただ、2~5位が4勝1敗となっており勝ち点の差だけになっているので、負けが許されない状態が続きます!
がんばれニッポン!

そして北京では世界陸上!
ウサイン・ボルトはやっぱり強かったですね。
100mではガトリンと1/100差で辛勝でしたが、200mは本当に強かった!!
もっと接戦になるかと思ってましたが、結果は圧勝でしたね。(ボルトはよく最後流しちゃうんですけど、最後まで全力で走り切ったらどんな記録がでるんだろうと、いつも思ってしまいます・笑)
そして昨晩は男子400mリレー。
第3走者までほぼ同じだったように見えましたが、第3走者から第4走者へのバトンパスでアメリカはもたついてしまいましたね。
同時でのバトンパスであればどちらにしてもボルトが優勢だったと思いますが、アメリカにとっては痛恨のミス。
結果、アメリカは「失格」(※)ということなので、リレーは個々の能力だけではなく、チームワークも大切ということですね。
北京オリンピックで日本が400mリレーで銅メダルを獲得できたのも、個々では力の差があったもののバトンパスでは必ずミスをしないように練習を繰り返し行い、その総合力で勝ち取ったメダルだったのを思い出しました。
 ※バトンの受け渡しが可能な範囲である「テイクオーバーソーン」をオーバーしてバトンをパスしてしまったことが失格の理由のようです。

そして最後に。
8/29(土)、全日本実業個人選手権を最後についに柔道の野村忠宏(40)が現役を引退されました。
野村さんは1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネと前人未到のオリンピック3連覇を成し遂げられた偉大な柔道家。
私はその試合をテレビで見ておりましたが、本当に野村さんは強く、そして華がありました。
アトランタオリンピック当時、同じ最軽量級では女子に田村(現・谷)亮子選手の注目が高く、まったくと言っていいほど認識していなかった野村選手ですが、田村選手が決勝で悔しい銀メダルをとった直後、華麗な一本で金メダルを獲得されました。
その後、シドニー、アテネと金メダルと獲得、軽量級では無理だといわれていたオリンピック3連覇でした。
メディアでは常に田村選手の影に隠れ(男女の最軽量級は同じ日に試合が行われるため)、新聞の扱いについても色々おっしゃってましたが、そのユーモアを交えた強気の発言でも楽しませてくれました。
一つの時代が終わったなと感じさせてくれる、そんな偉大な柔道家の引退。
さびしい気もしますが、また別のカタチで私たちを楽しませてくれると信じています。
本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

スポーツはいつもノンフィクション!だからこそ楽しい!
これからもスポーツで活躍されるアスリートの皆さんを応援したいと感じる毎日です。

2015年08月15日

終戦の日

本日、8月15日は終戦から70年の節目の年です。

70年前のこの日を迎えるまで、多くの尊い命が奪われました。
そして終戦後も広島・長崎で被爆された方は後遺症と戦い、
また家族を失った方々は貧しい中、必死に生き抜いてこられました。

そして今の私たちがいる。

戦争や戦後の貧しい時代を知らない人がほとんどの現代。
年月の経過とともに戦争があったことも現実味を感じられない暮らしの中ですが、
この歴史があるからこそ、今の私たちの生活がなりたっているということ。

毎日そのことを考えることは難しいのかもしれないが
今後100年、いやそれ以上経っても変わらないという事実を忘れずにいたい。

2015年08月09日

熱闘・甲子園!

毎日暑い日が続きますが、皆さま熱中症など体調は大丈夫でしたでしょうか。
連日の猛暑に加え、最近は午後に激しい雨と雷があるなど異常気象も続き、不安定な日が続きます。
水分補給など、体調管理には十分気を付けてお過ごしください。

さて、そんな毎日ではありますが、今年も甲子園では熱い戦いがスタートしています。
昨日は地元大阪「大阪偕星学園」の試合も行われ7対3で快勝!
初戦の相手が滋賀「比叡山」ということで、同じ関西同士の対戦であったことが残念ですが、
外の暑さに引けをとらない、高校球児たちの熱戦は手に汗握るものがあります。

そんな高校野球も今年は第100回の記念大会です。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、第1回全国中高学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)は

豊中市で開催されていたんですよ。
現在は高校野球と言えば「甲子園」のため、豊中市で開催されていたというのは意外が感じがしますね。
諸事情により豊中での開催は第1回と2回のみとのことだったとのことですが、やはり100年の歴史の中には多くのドラマが存在します。
現在はグラウンドはなく「高校野球メモリアルパーク」と題した公園が設けられ、「高校野球発祥地」というモニュメントが建てられているとのことです。
お近くにお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、当時は地方大会の優勝校が出場するのではなく、9地区で予選から参加した73校の中から9校と
東京都下大会優勝した早稲田実業との計10校が戦ったとのことです。
第一回の優勝校は「京都二中」。
この「京都二中」に敬意を表し、その流れをくんだ京都代表「鳥羽」の主将が選手宣誓を行うことになったのですね。
そして、今大会の一番の注目選手でもある「清宮」選手。
彼が第一回にも出場していた「早稲田実業」の選手だということにも巡りあわせを感じずにはいられないですね。
今年も熱い熱いドラマがありそうな予感がします!

がんばれ!!!

このページの上へ